初夏の木漏れ日に過ごす洗足池に映る人々の営み

初夏の日差しに誘われるように、私は区内散策に繰り出していた。JRを乗り換え東急池上線蒲田駅から15分ほど私鉄に身を委ねると、洗足池にたどり着く。
弱冷房のきいた車両から外に出ると、頬を抜ける緩やかな風と緑の匂いが鼻をかすめた。

駅前に広がる緑の景色の穏やか

洗足池駅を降りると、カフェやラーメン屋などの並びに面し、中原街道が通じている。
大田区の動脈のひとつでもあるこの車通りの多い道だが、意外にも都心のような埃っぽさを感じない。その答えはおそらく、中原街道の向こうに広がる洗足池の緑の景色によるものなのだろう。

カフェの窓際ではファミリーがランチを過ごし、洗足池の方を向き笑顔で語らっている姿が見えた。都内を走る自動車の生活と、休日を過ごす家族の生活が絶妙にリンクしているこの穏やかさが、すでに駅前で広がっていた。

 

池月橋から望む千束八幡神社という非現実

ヤナギやツツジが緑を彩る中原街道面の通りは、レンタルボートを借りるためのカップルやファミリーで賑わう。
談笑の中を洗足池の外周を沿うように西へ回る。
木漏れ日の下、通り沿いのベンチでは老夫婦が会話に花を咲かせていた。
洗足池の周辺は閑静な住宅街になっている。古くから存在しているであろう邸宅から新築の一軒家、アパートなどさまざまな生活が同居している。


池の外側に感じる人々の生活を思いながら歩を進めると、「池月橋」と名付けられた太鼓橋にたどり着く。
木々のフレームから当然のように現れるその景色はつかの間の非現実へといざなってくれる。
景観を第一に、とつくられたこの橋は2016年に架替工事が完了したのだが、この景色の中ではその真新しさを主張しすぎない。
陽の光を浴びた水面がキラキラと光を放ち、池月橋を優雅に照らす。更に奥には千束八幡神社の赤い鳥居が、はっと息を呑むような日本の風景を凛と締めていた。

もうすっかり馴染んでしまった緑の匂いのなか、すべての音を吸収するように千束八幡神社は静かに佇んでいる。
860年、旧千束郷の総鎮守として創建されたといわれるこの神社の静寂は確かにこの空間を見守っているような落ち着きを見せていた。

 

厳島神社を抜ける緑道でおこる人々の交流

束八幡神社を抜けた先に池に沿って開けた道がある。
この道は、洗足池駅付近の都心的なビル街と公園の緑が重なり、先ほどとは違う景色が目を楽しませてくれている。
のろのろと歩を進める私の横を、ランニング中のランナーが駆け抜けていった。洗足池を訪れるのは私のような散歩客や、ファミリー、カップルだけではないようだ。
確かにこの場所は道も広く平坦であるため、走るには都合がいい道と思われる。
この景色の中を走るのは体だけではなく、心を清め鍛えてくれるようだった。互いに邪魔にならない程度の気配りが嬉しく感じる。言葉はかわさなくとも、人々の交流がそこにあるのだ。
数名のランナーと気を配り合いながら歩いていくと厳島神社がある。

池北側の創建年代不明の神社が、永いときの中で埋没してしまったため1934年に現在の地に造営されたと言われている。
その建築の朱は緑の中に美しく映っていた。


小島に渡る途中、朱く美しい太鼓橋がある。何気なく橋を渡っていると、下から呼び声が届いてきた。ボートに乗ったファミリーの、小さな男の子がこちらに笑顔で手を振っていた。


その楽しそうな笑顔に思わずこちらも笑顔になる。生活の中ではなかなか味わえない自然な挨拶がここにあるようで、昔から変わらない大切なもののようでもあった。

 

過去現在未来、時代にとらわれないスタイルが集まる生活の場

緑道をこえると開けた公園と2017年より舗装がされた中原街道へ通じる新道が目に入ってきた。


公園の木漏れ日の下ではファミリーがレジャーシートの上で楽しげにピクニックランチをとっている。その付近では趣味の会がカメラを持ち寄り撮影を楽しんでいた。

この場所に訪れるさまざまな人々が年齢にとらわれない楽しみ方を過ごしている。ふと思えば、思いつきでこの地を訪れた私もそんな人々のひとりだった。
他人、自分にかかわらず多くの思いをのせ、生活が集い、大切な時間がゆっくりと流れていく場所としてこの先も人々のつながりが積み重なっていくのだろう。

洗足池

紅葉にはまだ早い、10月18日の昼過ぎ。
親父が私の手を握り、池上駅に向かった。
どこに行くのかと聞く私に、いつもとは違う優しい眼差しで、親父は、いいから着いてくるように私に伝えた。
売店で菓子を買ったり、電車内でそれを食べることを品がないと特に嫌っていた父だが、その日に限って、好きな物を買っていいと言った。
私はかねてより気になっていたブルーベリーガムをねだり、それを口にして、小言王の父の顔色をうかがいながら、池上駅のホームに立って緑の電車を待っていた。
相変わらずの古いモーター音を轟かせ三両の古びた電車がホームに滑り込んできた。
それに乗り込で、外の景色とガムにご満悦の私に、父は優しさ8で微笑んでくれた。
 
降車したのは洗足池駅だった。
私は、すぐに察した。
 
以前より母に話していた、洗足池のボートに私を乗せてくれるのだと。
 
ガムの味がなくなり、2枚目を口にしようとした時、父がアヒルの足こぎを指差した。
私は、一瞬目を丸くして、そして、目を細めた。
父は、洗足池のボートは絶対に手漕ぎボートでないと乗せないと、以前より宣言していたからだ。
 
どういう趣旨か知らないし、いまだにそれを確かめようという気が起きないなのだが、例えば、ファミリーレストランよりも渋い蕎麦屋を、遊園地よりも、池上梅園に連れて行く父なのであるか、それは何となく子供なりに理解していた。
その父がアヒルの足こぎを指してくれた。
 
アヒルは洗足池の真ん中の小島に向かった。
そろそろ半袖では肌寒い季節になっていて、寒そうにしている私に父は上着をかけてくれた。
 
小島にアヒルをつけた父は、私に優しさ5厳しさ5の視線を投げかけた。
 
 
私のはてなに、父は静かに語りかけた。
 
「お母さんはおまえだけのお母さんじゃなくなるんだ。」
 
 
 
「ん?何で?」
 
 
 
「今日はお父さんがカレーを作ってあげる。」
 
「、、、、別にいいけど、、、」
 
「今日はお母さんは帰ってこないんだ。」
 
「、、え?、、もう帰ってこないの?」
 
 
「違うよ、そうじゃない。。今日と、、そうだな、、一週間は父さんとバーバとジィジと3人だ。」
 
「なんで??」
 
「、、それとな、これからお前はたくさん我慢しなくてはいけなくなる。欲しいオモチャも、ケーキも、少しだけ譲らなくてならなくなる。」
 
「、、、え?、、、やだよ」
 
 
「、、そうだな。でも、父さんもそうだった。いつまでも赤ちゃんじゃいられないんだぞ。。わかるか?」
 
「、、何??なんでー?うれしくないよ。」
 
帰りに道、バーモントカレーを買って、誰もいない暗い家に帰った。
その時は、もうガムの喜びも、アヒルの楽しさも全て吹き飛んでいた。
 
「、、お母さんは??ねえ?父さん、、」
 
私が涙ぐんだその時、奥の部屋から祖母が出てきて、私を優しさ10で抱きしめてくれた。
 
その日は、半べそをかきながら、祖母の腕で抱かれて眠りについた。
 
夜中、父の歓喜の声と、祖母の着替える音で、目が覚めた。
 
「お袋!男の子だって!男の子だってさ!!」
 
「いいからあんた、すぐ日赤病院いかなきゃ!」祖母が着替えながら、大声で父をどやしつけていた時だった。
 
半分寝ていた私は、父に抱きかかえられ、次の瞬間、三回ほど程宙に舞った。
 
「おい、弟だ!弟が出来たぞ!!楽しいぞ!嬉しいぞ!」
 
弟が産まれた。
 
その日の記憶は、鮮明に覚えている。
バーモントカレーのハチミツ味も、ブルーベリーガムの味も。
 
34年後の洗足池も、相変わらずボートの上に人生が行き交っているのだろうか。
皐月の池上線からそんなことを思って五反田へ向かった。
 
変わらないこと、それも大田区の魅力。