magazine
エリア:

大森の「森」

田島 圭祐
■ Writer | 田島 圭祐
店舗イメージ
のび太「あたたかいひだまりにねころんでいると、葉ずれの音や小トリの声が、なぐさめてくれるようで、いやなことも忘れてしまう」
小学館発行 藤子・F・不二雄ドラえもん35巻16話『森は生きているより』

 

のび太は何かがあると、学校の裏山に行く。ジャイアンにいじめられたり、テストで0点を取ったり嫌なことがあると、学校の裏山に駆けこんだ。
また、裏山からの景色を眺めて、日本の経済のことをドラえもんやジャイアン、しずかちゃんスネオと話したりもした。

小学館発行 藤子・F・不二雄 ドラえもん「のび太の日本誕生」より

 

森は神聖なものである。

一昨年、早稲田予備校の早稲田クラスで現代文の講義をした。その時の書籍の内容もたまたま「森」だったのでその記事も合わせて書いてみたい。
扱った著書は中沢新一著『森のバロック』である。内容は明治政府の行われた神道化政策により森は解体されてしまったという内容である。一部引用してみよう。

『山や森や寺社の内域には公の権力の浸透できない場所が取り残され、神仏がそれを聖別していた』『長いこと人々は神社の森そのものに神聖を感じ取っていた』
『森の神聖の根源はそこが秘密儀に満ちた曼荼羅であったからである。ところが今や、国家が神道の名においてその内部空間の曼荼羅の解体を推し進めている。(中略)神々の保護失った森の樹木はただの経済商品となるだろう』

要するに、明治政府の神仏分離政策(皇室系統の神とその他の神仏を分離し、皇室系統の神だけが神様だからという思想を国民に啓蒙していく政策)の裏には無数の森の解体があり、それによって日本人が大切にしていた森への神聖観がなくなり、木は商品になったと中沢氏は嘆いているのである。
たしかに、敗戦後、森を切り開き、木材を輸出し、集合住宅を作ったり、ゴルフ場をつくったりして、めざましい経済発展をおこした。

ところで、中沢氏は森を「秩序をもったカオス」「秘密儀の場」と表現している。さらに日本人の信仰が国家神道だけに単一化された状態を「ハードな体質のコスモス」と表現していた。私は上記の言葉のセンスに鳥肌が立った。なぜ鳥肌が立ったかはここに書くと現代文の講義になってしまうのでやめとこうと思ったが、一つだけいうなら「秩序をもったカオス」とは、昔の森は「神神のルールがありながも混沌とした多種多様な神が混在していたのが森だった」ということだ。つまり「マンダラ」なのであり、森は曼荼羅だったのだ。あんなに神様がいるのにどうして木など大量に伐採できようか。神社から賽銭泥棒の罪より何倍も重い。
尚実際の入試問題ではここが設問になっている。講師としては「いいとこ聞くな~・・さすが早稲田!」と思った記憶がある。
(早稲田大学政治経済学部 現代文入試)

さて、ドラえもんに記事をもどそう。
さきほどの明治の神道化政策により、ドラえもんの学校の裏山は一部を除き、23区からは消えてしまったことだろう。

一部を除き・・・

しかし、その一部が、私の街、大田区中央4丁目だとしたら・・・。

私の街では、学校の裏山はまだ存在していた。

それも、大田区中央にある私の自宅から歩いて5分以内に、まさに「学校の裏山」が存在していたのだ。

通称佐伯山緑地である。

ここは佐伯氏の私有地であったが、平成12年に大田区が佐伯氏より3千平米の土地の寄付を受け、公園用地として管理している緑地である。

佐伯山緑地を見守る佐伯矩博士の胸像
佐伯 矩(さいき ただす)
佐伯矩は医学から栄養学を独立させ、栄養学研究所、栄養士制度を発展させた功績から栄養学の父と呼ばれ、世界で初めての栄養学校である「佐伯栄養専門学校」を設立した。
大正9年 国立栄養研究所初代所長
大勝13年 佐伯栄養学校創設(栄養士誕生)
昭和2年 国際連盟初回交換教授
昭和9年 日本栄養学会創始
 

 

大森第三中学校の裏手に位置し、まさに学校の裏山なのである。

学校の裏門の前から遊歩道があり、これを上っていくと先ほどの森の中に入る。

学校の裏山こと佐伯山からの景色。

実は佐伯山が佐伯山緑地として遊歩道を整備したのは最近である。私が子供のころは、カラスと蛇とオオカミがいるという噂の山であった。
もちろんいたずら小僧は佐伯山にはいり探検する。ここは「ガチでヤバイ山」ということで、入山したのがバレると大人達から大目玉をくらうのであった。
一度4年生で佐伯山に入山したことがあった。近所のまきちゃん(仮)とひろし(実名笑)と私で入山を試みた。ある裏口から山に入ったとたん。蛇が巻きついてきた。。。。

三人で悲鳴を上げて一目散に下山した。しかし、その悲鳴が大量のカラスの怒りに触れて、上空をカラスで覆われた。
ほんとに死ぬかと思った。

その年、2月14日の僕の下駄箱には、毎年くれるまきちゃんからのチョコはなかった。。。

これが原因かは不明だが。。。(笑)   後悔、後にも先にも立たず。

 

田島 圭祐
Writer
田島 圭祐